罫線

新着情報

罫線

Interior Art. 凸ゆかりのアーティストに関する情報や
スタッフからのお知らせを発信します。

罫線

山内舞子の企画による展覧会とトークセッションが千葉で開催されます。

kenya_artists_A4_1104-1-2-001

 

 

[展覧会]
Emerging Artist from Kenya
Dennis Muraguri / Patti Endo
2018年11月27日(火)ー30日(金)12:00-18:00
千葉商科大学 The University HUB 地下1階 ROOM 05
(千葉県市川市国府台1-3-1)

 

出品作家
Dennis Muraguri デニス・ムラグリ
1980年ケニア、ナイバシャ生まれ。ブルブル・インスティテュート・オブ・ファインアーツ卒業。現在はナイロビで彫り進み技法による木版画等を制作。その作品に登場する乗り合いバス「マタトゥ」の多くは日本車。明朗な構図と色彩による彼の作品は、都市の熱気とともに、ケニアで活躍する日本車のリアルな姿も伝えてくれる。

 

Patti Endo パティ・エンドウ
1997年東京生まれ、ナイロビで育つ。英国・ブライトン大学で絵画と美術批評を学び、現在はナイロビを拠点にインクと紙による作品を制作。自らが抱く人体への強い関心をヌードという表現方法によって顕在化させると同時に、一筆描きという技法を通じて「線」が持つ可能性を探求し続けている。

 

 

[トークセッション]
「現代美術を通じて見るアフリカの社会と文化、そして東アジアとの関係」
2018年11月30日(金)16:30-17:30
千葉商科大学 The University HUB 地下1階 Co-works Lab
主催 千葉商科大学経済研究所

 

登壇者
遠藤真理
1959年東京生まれ。桑沢デザイン研究所ビジュアルデザインコースII部卒。1988年、アフリカの文化を学ぶため、ナイロビの日本アフリカ文化交流協会に留学。ケニアおよびタンザニアで日本企業の現地社員として多くのマネジメントに従事後、現在はナイロビを拠点に版画家およびエデュケーターとして活動。その他にも、ケニアと日本のアーティストやミュージシャンを相互的に紹介する企画をコーディネートするなど、幅広い取り組みを展開している。

 

吉田栄一
1964年福岡県生まれ。開発地理学者。アフリカ研究者。外務省専門調査員(在南アフリカ日本大使館)、アジア経済研究所研究員、同在英、在ウガンダ派遣研究員等を経て2011年より横浜市立大学准教授。東部、南部アフリカの地域開発をメインテーマとし、近年は特に中国のアフリカ進出による都市地域開発を観察している。また個人的な関心のもとアフリカ人アーティストの絵画を蒐集している。

 

山内舞子(進行役)
1979年埼玉県生まれ。京都大学大学院文学研究科美学美術史学専修修士課程修了。神奈川県立近代美術館等の勤務を経て、現在はフリーランスのキュレーターとして展覧会企画、現代美術および工芸に関する執筆、子どもから大人までを対象としたレクチャーやワークショップなどに従事。千葉商科大学客員講師。東京在住。

 

会場までのアクセスはこちらをご覧ください。
千葉商科大学
http://www.cuc.ac.jp/access/index.html

 

 

凸メンバー、山内舞子のキュレーションによる企画「Emerging Artist from Kenya  Dennis Muraguri Woodcut prints」が裾野で開催されます。

Emerging Artist from Kenya
Dennis Muraguri Woodcut prints

2018年7月21日(土)-29日(日) 13:00-18:00
休廊日 7月26日(木)
裾野アートハウス
〒410-1123 静岡県裾野市伊豆島田355-3
TEL 055-993-5930 http://arthouse.sp.land.to./

企画/問合:山内舞子 ymaiko20@hotmail.com yamau@m8.dion.ne.jp 090-7635-1370
協力:裾野アートハウス The Gallery COFFEE&CO. Mari Endo (Support in Nairobi)

 

Dennis_DM

 

 

 

[企画者ご挨拶]
このたび、この3月に行いました現地調査を経て、ケニアの若手アーティストを紹介する展覧会を2つ企画いたしました。

 

このうち裾野アートハウスを会場とする「Emerging Artist from Kenya Dennis Muraguri Woodcut prints」では、1980年生まれで首都ナイロビを拠点とするデニス・ムラグリ氏の木版画をご紹介いたします。その作品の多くに登場する鮮やかなペインティングをまとったバスは「マタトゥ」(matatu)と呼ばれる乗り合いバスです。ちなみに、現地で走る乗用・貨物用自動車の大半は日本製。明朗な構図と色彩による彼の作品は、都市の熱気とともに、遠くケニアで活躍する日本車のリアルな姿も伝えてくれることでしょう。

 

また、これにあわせて、遠方からお越しの方やお車を運転されない方でも円滑に2つの展示をご訪問ただけるよう、JR三島駅から企画者・山内舞子がファシリテートするツアーもご用意いたしました。

 

つきましては、あわせてここにご案内を申し上げます。皆さまのご来場をお待ちしております。

 

キュレーター 山内舞子

—————————————

[同時開催 Patti Endo Drawings]

7月21日(土)-29日(日) 10:30-18:00
休廊日 7月22日(日)・23日(月)
The Gallery
〒 411-0046 静岡県三島市芙蓉台1-13-19
TEL 080-6915-1888(伏見)

—————————————

[関連プログラム]※いずれも会場はThe Gallery
■「Patti Endo」「Dennis Muraguri」合同オープニングパーティー
7月21日(土) 17:00-20:00 会場 The Gallery 参加費 1,200円

■レクチャー「現代のアフリカン・アート -現地調査による」
講師 山内舞子
7月25日(水) 19:00-20:30 会場 The Gallery 受講料 3,000円
申込先 annex_0322@yahoo.co.jp(The Gallery 伏見)

■アートギャラリーショップ
会期中毎日 会場The Gallery
アートライフスタイリスト 伏見さき子のディレクションによる期間限定ショップ

■展覧会オリジナルコーヒーによるおもてなし
7月24日(火)-27日(金) 各日10杯 会場 The Gallery
オーダーメイド焙煎専門店COFFEE&CO.がブレンドした
ケニア産コーヒー豆による展覧会オリジナルコーヒーをご用意しています

—————————————

[企画者・山内舞子と行く三島駅発着ツアー]
※詳細は別途イベントページをご覧ください
1. 開催日時 7月24日(火)、27日(金)、28日(土)
2. 集合 14:10 JR三島駅南口 改札前
3. 解散 16:45頃 同上
4. 行程 JR三島駅→The Gallery「Patti Endo」→裾野アートハウス「Dennis Muraguri」・併設「高木俱・山口源美術館」→JR三島駅
5. 参加費 無料(路線バスの運賃は実費)
6. 定員 各日8名
7. 申込方法 ①氏名 ②参加人数 ③参加希望日 ②当日連絡先(携帯番号)を前日18時までに ymaiko20@hotmail.com までお知らせください(受信後、返信いたします)

8. お問合せ 山内舞子 ymaiko20@hotmail.com 090-7635-1370

9. [参考]午前中に近隣の美術館を訪問される方への推奨プラン
(引率なし)
9:40三島駅北口発「クレマチスの丘」ゆきシャトルバスにご乗車いただきますと、ツアー集合時間までに下記の展覧会を訪ねることができます。詳しくは別途イベントページをご覧ください

・ヴァンジ彫刻庭園美術館「須田悦弘 ミテクレマチス」
https://www.clematis-no-oka.co.jp/vangi-museum/
・IZU PHOTO MUSEUM「特別展 星野道夫の旅」
http://www.izuphoto-museum.jp/
・ベルナール・ビュフェ美術館 「藤田嗣治 本のしごと 文字を装う絵の世界」
https://www.clematis-no-oka.co.jp/buffet-museum/

凸メンバー、山内舞子のキュレーションによる企画「Emerging Artist from Kenya Patti Endo Drawings」が三島で開催されます。

Emerging Artist from Kenya
Patti Endo  Drawings
2018年7月21日(土)-29日(日) 10:30-18:00
休廊日 7月22日(日)・23日(月)
The Gallery
〒 411-0046 静岡県三島市芙蓉台1-13-19
TEL 080-6915-1888 annex_0322@yahoo.co.jp(伏見)

企画/問合:山内舞子 ymaiko20@hotmail.com yamau@m8.dion.ne.jp 090-7635-1370
協力:裾野アートハウス The Gallery COFFEE&CO. Mari Endo (Support in Nairobi)

 

Patti_DM

 

 

[企画者ご挨拶]
このたび、この3月に行いました現地調査を経て、ケニアの若手アーティストを紹介する展覧会を2つ企画いたしました。

 

このうちThe Gallery(三島)を会場とする「Emerging Artist from Kenya Patti Endo Drawings」では、1997年生まれのパティ・エンドウ氏のドローイングをご紹介いたします。東京に生まれ、ナイロビで育ち、そして英国で美術を学んだ作家は、現在はナイロビを拠点にインクと紙による作品を制作。そこで彼女は、自らが抱く人体への強い関心をヌードという表現方法によって顕在化させると同時に、一筆描きという技法を通じて「線」が持つ可能性を探求し続けています。

 

また、これにあわせて、遠方からお越しの方やお車を運転されない方でも円滑に2つの展示をご訪問ただけるよう、JR三島駅から企画者・山内舞子がファシリテートするツアーもご用意いたしました。

 

つきましては、あわせてここにご案内を申し上げます。皆さまのご来場をお待ちしております。

 

キュレーター 山内舞子

—————————————

[同時開催 Dennis Muraguri Woodcut prints]

7月21日(土)-29日(日) 13:00-18:00 休廊日 7月26日(木)
裾野アートハウス *The Galleryより車で約5分(県道21号線沿い)
〒410-1123 静岡県裾野市伊豆島田355-3 エスポット向い
TEL 055-993-5930 http://arthouse.sp.land.to./

—————————————

[関連プログラム]※いずれも会場はThe Gallery
■「Patti Endo」「Dennis Muraguri」合同オープニングパーティー
7月21日(土) 17:00-20:00 会場 The Gallery 参加費 1,200円

■レクチャー「現代のアフリカン・アート -現地調査による」
講師 山内舞子
7月25日(水) 19:00-20:30 会場 The Gallery 受講料 3,000円
申込先 annex_0322@yahoo.co.jp(The Gallery 伏見)

■アートギャラリーショップ
会期中毎日 会場The Gallery
アートライフスタイリスト 伏見さき子のディレクションによる期間限定ショップ

■展覧会オリジナルコーヒーによるおもてなし
7月24日(火)-27日(金) 各日10杯 会場 The Gallery
オーダーメイド焙煎専門店COFFEE&CO.がブレンドした
ケニア産コーヒー豆による展覧会オリジナルコーヒーをご用意しています

—————————————

[企画者・山内舞子と行く三島駅発着ツアー]
1. 開催日時 7月24日(火)、27日(金)、28日(土)
2. 集合 14:10 JR三島駅南口 改札前
3. 解散 16:45頃 同上
4. 行程 JR三島駅→The Gallery「Patti Endo」→裾野アートハウス「Dennis Muraguri」・併設「高木俱・山口源美術館」→JR三島駅
5. 参加費 無料(路線バスの運賃は実費)
6. 定員 各日8名
7. 申込方法 ①氏名 ②参加人数 ③参加希望日 ②当日連絡先(携帯番号)を前日までに ymaiko20@hotmail.com までお知らせください(受信後、返信いたします)
8. お問合せ 山内舞子 ymaiko20@hotmail.com 090-7635-1370

9. [参考]午前中に近隣の美術館を訪問される方への推奨プラン
(引率なし)
9:40三島駅北口発「クレマチスの丘」ゆきシャトルバスにご乗車いただきますと、ツアー集合時間までに下記の展覧会を訪ねることができます。詳しくは別途イベントページをご覧ください

・ヴァンジ彫刻庭園美術館「須田悦弘 ミテクレマチス」
https://www.clematis-no-oka.co.jp/vangi-museum/
・IZU PHOTO MUSEUM「特別展 星野道夫の旅」
http://www.izuphoto-museum.jp/
・ベルナール・ビュフェ美術館 「藤田嗣治 本のしごと 文字を装う絵の世界」
https://www.clematis-no-oka.co.jp/buffet-museum/

山内舞子がアフリカの現代美術についてお話しします。

Interior Art.凸のメンバー・山内舞子が東京と京都で下記の講演会に登壇します。

 

東アフリカの現代美術の課題と展望
-ケニアにおける制作環境とアートマーケットを中心に-
Challenges and prospects of contemporary art in East Africa with a focus on the environment and market in Kenya

 

[京都]
2018年6月19日(火) 16:00~17:30
嵯峨美術大学 D棟(管理棟)3F AVホール
京都市右京区嵯峨五島町1番地

入場料無料・事前予約無し
お問合せ 油画研究室075-864-7883

 

[東京]
2018年6月30日(土)13:30~
多摩美術大学八王子キャンパス レクチャーホール Bホール
東京都八王子市鑓水 2-1723

入場料無料・事前予約無し
お問合せ 芸術学科研究室 042-679-5627

山内舞子がマカオの現代作家によるアーティストトークに参加します。

Interior Art.凸のメンバー・山内舞子が下記の企画展のアーティストトークに聞き手として登壇します。

 

 

「マカオ・コンテンポラリー 新世紀のアーティストたち」

会期:11月13日(月)~19日(日)
12:00~19:00(最終入場時間は閉館の30分前)

会場:3331 Arts Chiyoda B104(東京都千代田区外神田6丁目11-14)
http://www.3331.jp/

企画:天野雅景、Season Lao

 

アーティストトーク
日時:11月18日(土)15:30~17:00
登壇者:黃家龍 Wong Ka Long、霍凯盛 Eric Fok、蔡國傑 Cai Guo jie、梁子毛 Leong Chi Mou、劉善恆Season Lao、山内舞子(聞き手)

 

詳しくは3331 Arts Chiyodaの公式WEBサイト内の下記ページをご覧ください。
http://www.3331.jp/schedule/004029.html

 

1710マカオトーク

「ミュンスター彫刻プロジェクト」&「ドクメンタ」の報告会を三島で行います。

今年ドイツで開催された 10年に一度の国際展「ミュンスター彫刻プロジェクト」と 5年に一度の国際展「ドクメンタ」の報告を三島のThe Galleryにて行います。

 

場所 : The Gallery 三島市芙蓉台 1 丁目 13-19 (駐車場あり)
日時 : 2017 年 10 月 31 日(火曜日) 19:00~20:30
会費 : 3,000 円(飲み物付き)
講師:山内舞子(キュレーター、Interior Art.凸メンバー)

 

問合せ・申込先: 080-6915-1888 (Interior Art.凸 伏見)
annex_0322@yahoo.co.jp

 

18 : 45~ 受付
19 : 00 ドイツ・ミュンスター彫刻プロジェクト&ドクメンタ展 視察レポート
20 : 30 終了
20 : 30~ お茶タイム(30 分程度)

 

documenta01(c)Yamauchi Maikodocumenta02(c)Yamauchi Maiko
munster03(c)Yamauchi Maiko

Interior Art.凸のメンバー・山内舞子が寄稿した展覧会をお知らせします。

Interior Art.凸のメンバー・山内舞子が文章を書いた展覧会について、下記のとおりご案内いたします(会期初日順)。

 

小久江峻 個展『黴音』
2017年10月7日(土)~10月27日(金)※月・火曜休廊
RISE GALLERY(東京都目黒区碑文谷4-3-12)
http://www.rise-gallery.com/top/top.html
テキスト掲載URL(ギャラリーWEBサイト)
http://www.rise-gallery.com/exhibition/2017-2018/october2017.html

 

17小久江

 

 

FOR BEAUTIFUL HUMAN LIFE 「最も美しい嘘の形」(2会場開催)
2017年11月9日~ 11月26日
HEART FIELD GALLERY(名古屋市中区栄5-4-33-1F)
http://heartfieldgallery.com/index.html

2017年10月20日(金)~22日(日)、27日(金)~29日(日)
11月17日(金)~19日(日)、24日(金)~26日(日)
deux galerie(愛知県瀬戸市東拝戸町75)
http://dg.silver-barn.com/

 

 

また、ご報告になりますがあわせて下記についても文章を書かせていただきました。(会期はすべて終了しています)。

 

指田容史子展『いつもそこにいてくれた』
2017年 9 月16日(土)~24日(日)
Hasu no Hana(東京都大田区鵜の木1-11-7)
http://www.hasunohana.net/

テキスト掲載URL(作家WEBサイト)
http://yoshikosashida.la.coocan.jp/text.html

 

17指田

 

 

建部弥希展
2017年9月25日(月)〜9月30日(土)
銀座K’s Gallery(東京都中央区銀座1丁目13-4-6F)
http://ks-g.main.jp/

テキスト掲載URL(作家WEBサイト)
https://ameblo.jp/miki-t-art-yorimichi/entry-12309317132.html

 

17建部

 

 

 

 

 

明円 光 / ペンギン塗りたて
2017年9月30日(土)~10月8日(日)
NANATASU GALLERY(東京都港区西麻布2-12-4-3F)
https://www.nanatasu.jp/

テキスト掲載URL(ギャラリーWEBサイト)
https://www.nanatasu.jp/exhibition/index.php?id=63

 

 

17妙圓

 

 

 

幡谷 フミコ 展
2017年10月2日(月)~10月7日(土)
うしお画廊(東京都中央区銀座7-11-6-3F)
http://www.ushiogaro.com/

テキスト掲載URL(ギャラリーWEBサイト)
http://www.ushiogaro.com/2017/10/09/%e5%b9%a1%e8%b0%b7-%e3%83%95%e3%83%9f%e3%82%b3-%e5%b1%95/

 

 

17 幡谷

 

 

 

Interior Art.凸のメンバー・山内舞子が寄稿した展覧会が青山で開催されます。

Interior Art.凸のメンバー・山内舞子が文章を寄せさせていただいた平根淳也さんの個展が青山のトキ・アートスペースで開催されます。(文章は下記URLよりご覧いただけます)

 

2017平根さん画像

 

「平根淳也展 まだよいながら 2017」

 

日時 2017年8月28日(月)- 9月3日(日)

11:30〜19:00 (最終日は17:00) / 水曜休廊

 

 

会場

トキ・アートスペース

東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F

Tel/Fax 03-3479-0332

 

詳しくはギャラリーのWEBサイトをご覧ください。

http://tokiart.life.coocan.jp/2017/170828.html

Interior Art.凸のメンバー・山内舞子が執筆した記事が『Pen』に掲載されました。

 

Interior Art.凸のメンバー・山内舞子が執筆した記事が、5月1日発行の『Pen』428号に掲載されました。

 

 

Pen表紙

 

 

独自の視点で、アフリカの最新のアートシーンについて紹介しています。

 

 

DSC08282

 

 

 

『Pen 』公式WEBサイト http://www.pen-online.jp/

Interior Art.凸のメンバー・山内舞子が寄稿した展覧会が神宮前で開催されます。

Interior Art.凸のメンバー・山内舞子が文章を寄せさせていただいた、鳥居純子さんの個展が神宮前のトキ・アートスペースで開催されます。

 

 

鳥居純子展 koe

 

会期

2016年10月3日(月)~10月9日(日)

11:30~19:00 / 水曜休廊

 

会場

トキ・アートスペース

東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F

Tel/Fax 03-3479-0332

 

 

詳しくはトキ・アートスペースのWEBサイトをご覧ください。

http://tokiart.life.coocan.jp/2016/161003.html