罫線

新着情報

罫線

Interior Art. 凸ゆかりのアーティストに関する情報や
スタッフからのお知らせを発信します。

罫線

美術館見学&セミナーをMOA美術館で開催します。

凸ゆかりのアーティスト・鈴木健司さんとともにアートを楽しむイベントを開催します。

 

MOA美術館で開催中の「リニューアル記念 特別名品展+ 杉本博司「海景–ATAMI」」では尾形光琳の「紅白梅図屏風」や野々村仁清の「色絵藤花文茶壺」(いずれも国宝)や、展示スペースの設計を手がけた杉本博司氏の作品が公開されています。当日はこれらの作品を楽しむためのポイントを鈴木健司氏よりお聞きし、鑑賞をします。

 

早春の熱海でともに美術を楽しんでみませんか?ぜひご参加ください。

 

(要申込)

 

MOAリニューアル

 

「現代美術家と行く 美術にふれる」

 

日時:2017年3 月7日(火曜日) 10:10~13:00

 

場所:MOA美術館 (静岡県熱海市桃山町26-2)

熱海駅よりバスあり/バスターミナル8番乗り場

 

参加費:2,200円(入館料・お茶代は実費)

 

企画・ファシリテーター:伏見さき子(Interior Art.凸)

 

 

タイムテーブル

10:00    MOA美術館 チケット売り場前集合

10:10     鈴木健司氏によるセミナー(展覧会の鑑賞ポイントなど)

11:30     展覧会鑑賞「特別名品展+ 杉本博司「海景–ATAMI」」

13:00    カフェにて解散

 

 

問合せ・申込:

080-6915-1888  annex_0322@yahoo.co.jp(伏見)

紙のミュージアム「Pam」を訪問するツアーが開催されます。

161102%e4%bc%8f%e8%a6%8b%e3%81%95%e3%82%93%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%84%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7jpg

 

Interior Art.凸と、一般社団法人アートのある暮らし協会の共催によるツアーが下記のとおり開催されます。当日は凸メンバーの伏見さき子がご案内いたします。

 

「アートがアツい静岡・三島で、Art Life Styling を学びましょう!」

 

日時

2016年11月22日(火) 10:00-12:30

*以降は希望者のみ

13:00-14:00ランチ懇親会

14:15-15:15ヴァンジ彫刻庭園美術館

 

会場

特種東海製紙 Pam

静岡県駿東郡長泉町本宿437番地

 

参加費

3,240円(税込)※当日現金にてお支払いください

 

申込〆切

前日まで ※先着順となります。※定員になり次第受付終了となります。

 

定員 約30名

 

お問合せ 伏見さき子 080-6915-1888 annex@ca.thn.ne.jp

Interior Art.凸のメンバー・伏見さき子が「アートライフスタイリスト・マスター」の資格認定を取得しました。

Interior Art.凸のメンバー・伏見さき子が一般社団法人「アートのある暮らし協会」による資格認定「アートライフスタイリスト・マスター」を取得しました。

 

「アートのある暮らし協会」について

http://artlifestyling.com/

 

「アートライフスタイリスト」について

http://artlifestyling.com/stylist/

 

 

従来より有しているインテリアデコレーター、照明コンサルタントといった資格に加え、暮らしの中でアートとふれあうための一層多様なご提案をしてまいります。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

Interior Art.凸のメンバー・山内舞子が寄稿した展覧会が神宮前で開催されます。

Interior Art.凸のメンバー・山内舞子が文章を寄せさせていただいた、鳥居純子さんの個展が神宮前のトキ・アートスペースで開催されます。

 

 

鳥居純子展 koe

 

会期

2016年10月3日(月)~10月9日(日)

11:30~19:00 / 水曜休廊

 

会場

トキ・アートスペース

東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F

Tel/Fax 03-3479-0332

 

 

詳しくはトキ・アートスペースのWEBサイトをご覧ください。

http://tokiart.life.coocan.jp/2016/161003.html

Interior Art.凸のメンバー・山内舞子が寄稿した展覧会が西麻布で開催されます。

Interior Art.凸のメンバー・山内舞子が文章を寄せさせていただいた、明円光さんの個展が西麻布のNANATASU GALLERYで開催されます。

 

明円光 / COLORS

 

会期

2016年10月1日(土)~10月10日(月・祝)

12:00~19:00 / 会期中無休

オープニングレセプション:9月30日(金)18:00~

 

会場

NANATASU GALLERY

東京都港区西麻布2-12-4 小倉ビル3F

Tel/Fax 03-6419-7229

 

 

詳しくはNANATASU GALLERYのWEBサイトをご覧ください。

https://www.nanatasu.jp/

Interior Art.凸のメンバー・山内舞子がアーティストトークに参加します。

東京・谷中のオルタナティブスペース「HAGISO」で開催される企画展「絵を見る人」のアーティストトークに、山内舞子がファシリテーターとして参加いたします。

 

「絵を見る人」

HAGISO(東京都台東区谷中3-10-25)

2016/8/30(火)-9/18(日)会期中無休

8:00-10:30 (モーニングアワー) 12:00-21:00(アフタヌーン)

 

アーティストトーク

9/9(金)19:00 ̶ 20:00

アーティスト   青山大輔 大川祐 高木秀典

ファシリテーター 山内舞子

500円(ワンドリンク付き)

 

(20:00-21:00 オープニングパーティー)

 

HAGISO WEBサイト

http://hagiso.jp/

 

絵を見る人_チラシ__

Interior Art.凸のメンバー・山内舞子がアーティストトークに参加します。

吉祥寺のギャラリー「Gallery惺SATORU」で開催中の企画展「循 環 – 風と水と大地 平体文枝 吉川民仁 山神悦子」のアーティストトークに、山内舞子がファシリテーターとして参加いたします。

 

「循 環 – 風と水と大地 平体文枝 吉川民仁 山神悦子」

Gallery惺SATORU(東京都武蔵野市御殿山1-2-6 B1F)

2016/6/18(土)-7/3(日)12:00-19:00 (最終日17:00まで)

月曜日、火曜日休廊

 

アーティストトーク

7/3(日)14:00 ̶

アーティスト   平体文枝  吉川民仁  山神悦子

ファシリテーター 山内舞子

 

Gallery惺SATORU WEBサイト

http://gallerysatoru.com/index.html

 

 

13450710_591844844323197_895651565466339974_n

 

 

中村聡介氏による一人芝居『Bell et San ベルとサン 〜ある詩人たちの物語〜』が都内で初めて公演されます。

Interior Art.凸の顧問である中村聡介氏による一人芝居が、下記のとおり上演されます。東京では初の公演となります。

 

中村さん写真

 

中村聡介・一人芝居『Bell et Sanベルとサン 〜ある詩人たちの物語〜』

 

脚本・演出・出演…中村聡介

作曲・演出・美術…渡井ヒロ

 

日時

2016年2月6日(土)

17:30開演(17:15 会場) 19:00終了

 

場所

東京テラス内 <テラスアリーナ>

東京都世田谷区千歳台6丁目16

https://www.sekisuihouse.co.jp/company/newsobj690.html

 

行き方

①千歳船橋駅からタクシー(6分程度)

「東京テラスの中央エントランスまでお願いします」

 

②千歳船橋からバス

京王バス 南水無行 または 小田急バス 成城学園前駅西口行

バス停「千歳台六丁目」前

 

 

全席自由 先着60名

¥3,000 要予約(当日支払い)

 

お問合せ:中村聡介

Facebook (https://www.facebook.com/sosukenakamura?fref=ts

070-5405-8292 sosuke21@gmail.com

 

主催

株式会社H.S.PROJECT 渡井ヒロ・中村聡介

 

 

[フライヤー序文より]

 

時は18世紀、パリ。

まじめな青年、ベル。

内気で、いじめられてばかりの彼は、

ある日突然、

殺人の罪で投獄されてしまう。

事件の現場に居合わせてしまったのだ

無実の罪で投獄された彼は、

牢の中で苦しむ。

 

彼の向かい牢に住む男性、サン。

彼の楽しそうに詩を読む姿が、

徐々に、苦しむベルの心を変えていく。

 

18世紀のパリで、

絶望の淵に立たされた

青年の苦悩からこの物語は始まる-。

 

Interior Art.凸のメンバー・山内舞子が寄稿した展覧会が銀座で開催されます。

 

Interior Art.凸のメンバー・山内舞子が文章を寄せさせていただいた、ツリタニユリコさんの個展が銀座のギャラリーゴトウで開催されます。

 

「第九とキラキラ星」ツリタニユリコ展

 

会期

2015年12月14 日(月)~12 月19日(土)

12:00-18:00 (最終日16:30まで)

オープニングパーティー 初日17:00より

 

会場

ギャラリーゴトウ

東京都中央区銀座1-7-5 銀座中央通りビル7階

TEL 03-6410-88

http://www.gallery-goto.com

Interior Art.凸のメンバー・山内舞子が企画した展覧会が東京で開催されます。

 

《選挙》 リトグラフ  80×100㎝ 2014年

《選挙》 リトグラフ  80×100㎝ 2014年

 

 

Interior Art.凸のメンバー・山内舞子が企画した「安齋歩見展」が銀座の十一月画廊で開催されます。

 

「安齋歩見展」概要

 

日時

2015年10月26日(月)-10月30日(土)

12:00-19:00 (最終日は17:00まで)

 

主催・会場

十一月画廊

〒104-0061 東京都中央区銀座7-11-11 長谷川ビル3階

TEL/FAX 03-3289-8880

 

アクセス

東京メトロ銀座駅 A3出口より徒歩5分

JR・東京メトロ 新橋駅より徒歩5分

 

コミカルとシニカルの行間に-安斎歩見の表現をめぐって

写真製版によるリトグラフで作品を制作する安齋歩見(1986年生まれ)。代表作であるピーナッツを擬人化したシリーズには鳥獣人物戯画・甲巻を思わせるコミカルで飄々とした気配があるが、その仕事の本質的な魅力は、80年代以降に生まれた作家としては稀なまでの客観性と骨太さであると言えるのではないだろうか。今年2月に彼女にインタビューする機会を得た際、その傍らにはマレーシア機の事故(2014年4月)に着想を得た大作があった。重大事故という世界的ニュースを端緒としながらも、その作品はハードボイルドな空気感と巧みな構図によって「現実から切り離されたひとつの表現」として自立しており、この若い作家の実力と可能性を感じさせた。所謂「見立て」は日本美術において伝統的に行われてきた手法ではある。が、彼女の作品にはさらに時代と連動したシニカルな批評精神が存在し、そこには河原温の「浴室」シリーズを眼にした時に感じるような冷酷さ或いは冷徹さまでもが内包されているように思うのである。

山内舞子(キュレーター/本展企画者)