罫線

新着情報

罫線

Interior Art. 凸ゆかりのアーティストに関する情報や
スタッフからのお知らせを発信します。

罫線

「アートと暮らす3」を開催します。

「アートを暮らす3」はInterior Art 凸のメンバーであるインテリアデコレーター・伏見さき子とキュレーター・山内舞子がアートの多様な楽しみ方を提案する企画の第3弾。今回は伊豆の山並みを望める三島のThe Galleryを会場に、石井直樹氏(TREOW FURNITURE WORKS/家具)、ちばえん氏(コラージュとオブジェ)、そして八木麻里子氏(陶)の仕事を紹介します。 また、今回の企画に向けては焼き菓子屋DIXONHOLICの協力により、ちばえん氏デザインによるスイーツが創作され、会場では八木麻里子氏のお皿でバターケーキを頂ける機会もご用意しています。

 

life_with_art_ninegraphics(サイズ縮小版)

 

会期中はその他、アーティストトークやワークショップ(バターナイフ、ブローチ、額装付きのぬりえ)など、アーティストトークの生の声を聴いたり、創造の楽しさを実感できるプログラムも実施されます。そして、作品の取り扱いに関連したプログラムとして、石井直樹氏による額のオーダーメイド相談会や、アートライフスタイリストの資格(※)を持つ伏見さき子による展示方法の相談会なども行われます。

 

ぜひこの機会に アートの新たな楽しみ方に出会ってみませんか?

会場で凸のメンバーがお待ちしております。

 

※「アートライフスタイリスト」は「一般社団法人アートのある暮らし協会」による認定資格です http://artlifestyling.com/stylist/

 

「アートと暮らす3」

 

会期 2017年4月2日(日)~4月9日(日) 10:00~18:00

*6日(木)は休み

 

会場 The Gallery (静岡県三島市芙蓉台 1丁目13-19)

*地図とアクセスはこのトピックの最後をご覧ください

 

主催・企画 Interior Art. 凸 (インテリア アート デコ)

*インテリアデコレーター/アートライフスタイリスト・伏見さき子とキュレーター・山内舞子によるユニット。静岡と東京を拠点に、作品紹介や講座、ワークショップなど様々な活動を展開。

 

協力 DIXONHOLIC、The Gallery

 

———————-

 

関連プログラム(日程順)

 

■アーティストトーク

4月2日(日)16:00~

石井直樹×ちばえん×八木麻里子×山内舞子(進行役)

 

■オープニングパーティー

4月2日(日)17:00~

 

■アートライフスタイリストによる相談会

4月4日(火) 随時

 

■アーティストと作る・ワークショップ①

陶片でつくるオブジェなブローチ

4月5日(水)10:30~12:00

講師:ちばえん 素材:八木麻里子/参加費2500円(材料費、飲物代込み)

定員10名

要申込(申込先 annex_0322@yahoo.co.jp 伏見)

IMG_6057

 

 

■アーティストと作る・ワークショップ②

木のバターナイフ 4月9日(10:30~12:20)

講師:石井直樹/参加費2500円(材料費、飲物代込み)

定員6名

要申込(申込先 annex_0322@yahoo.co.jp 伏見)

ws-5

 

 

■八木麻里子さんのお皿でいただくDIXONHOLICのバターケーキ(限定20セット)

4月8日(土)・4月9日(日)

 

■石井直樹さんによる額のオーダーメイド相談会

4月9日(日) 14:00~18:00

 

■ぬりえワークショップ

(ちばえんさん原画によるぬりえ体験と、石井直樹さんの額装がセットになっています)

原画:ちばえん 額装:石井直樹/参加費2500円(材料費込み)

会期中随時

 

(実際に使うぬりえは、写真とは別のものになります)

(実際に使うぬりえは、写真とは別のものになります)

 

■ちばえんさんのデザインによるDIXONHOLICのクッキー販売(限定30セット)

会期中随時

オリジナルクッキーのサンプル02

 

 

 

———————-

 

作家紹介/参考画像[画像の作品は出品されない場合もあります]

 

石井直樹(TREOW FURNITURE WORKS)

小山町に工房を構え、無垢材を使用したダイニングテーブルや椅子、ソファそしてキャビネットなどのオリジナル家具等を制作するほか、建築に合わせた仕事も手掛ける。額の制作にも定評があり、静岡を拠点に国内外で活躍するアーティストの額装なども担当。本展ではちばえん氏の作品に合わせた額も製作している。

http://treow.exblog.jp/

 

16810458_1167364166712710_1122702596_o

ウッドフレームソファ ナラ 2014年

 

 

 

ちばえん

御殿場市在住。イラストレーター、アーティストとして新聞や雑誌の挿絵を中心に活動している。静岡新聞では夕刊連載新聞小説『ビストロ青猫謎解きレシピ』(大石直紀作、2013〜2014年9月)のイラストを担当。今回出品する作品は日常の中で出会った素材をもとに表現を展開したもので、「妄想」との親和性を内包したものとなっている。

http://www.chibaen.com/

 

ちばえん:③パルテノンの丘(蛾)

パルテノンの丘(蛾) 2016年

 

 

 

八木麻里子

藤枝市にて作陶。そのオブジェや器は貝や鳥のすがたに着想を得たものや、図形を大胆に採用したものなどがあり、どれも親しみやすいフォルムを備えている。ぬくもりを感じる色合いも魅力のひとつ。会期中にはその陶片を用いてブローチを制作するワークショップが、ちばえん氏により実施される。

 

IMG_3251_tr

むかし木にいた 2009年

 

 

 

DIXONHOLIC

神奈川県平塚市にて、目でも楽しめるカラフルな焼き菓子を製作。食用色粉を使った個性豊かな造形の多くは、依頼者の希望を反映しながら生み出されるもので、いわばコミッションワークのようなスイーツといえる。何気ない日常の中に、ちょっとクスッと笑える瞬間を与え、味わうのに少しの勇気を要するようなその仕事は、アートとの共通点も多い。

http://dixonholic.jp/

昆虫採集

バターケーキ「昆虫採集」

 

 

———————-

 

アクセス

map

The gallery

 

お車をご利用の場合:伊豆縦貫道利用の場合は「長泉IC」で下りて側道を直進、「三島萩IC」信号を左折。「芙蓉台南」信号を左折後、道なりに約300メートルほど進んだ右手です(駐車場あり)。

 

公共交通機関をご利用の場合:三島駅南口より富士急シティバス2番乗り場より「芙蓉台行き」または「見晴台行き」に乗車、所要時間約10分程の「芙蓉台中」で下車し徒歩5分です。(三島駅発車時刻:9:45、10:50▲、11:20、11:50、12:20、12:50▲、13:20、13:45▲、14:20、15:15、15:55、16:35×、17:00▲ / ▲は土日運休、×は日曜運休)

 

お問合せ

伏見さき子  080-6915-1888  山内舞子  090-7635-1370

美術館見学&セミナーをMOA美術館で開催します。

凸ゆかりのアーティスト・鈴木健司さんとともにアートを楽しむイベントを開催します。

 

MOA美術館で開催中の「リニューアル記念 特別名品展+ 杉本博司「海景–ATAMI」」では尾形光琳の「紅白梅図屏風」や野々村仁清の「色絵藤花文茶壺」(いずれも国宝)や、展示スペースの設計を手がけた杉本博司氏の作品が公開されています。当日はこれらの作品を楽しむためのポイントを鈴木健司氏よりお聞きし、鑑賞をします。

 

早春の熱海でともに美術を楽しんでみませんか?ぜひご参加ください。

 

(要申込)

 

MOAリニューアル

 

「現代美術家と行く 美術にふれる」

 

日時:2017年3 月7日(火曜日) 10:10~13:00

 

場所:MOA美術館 (静岡県熱海市桃山町26-2)

熱海駅よりバスあり/バスターミナル8番乗り場

 

参加費:2,200円(入館料・お茶代は実費)

 

企画・ファシリテーター:伏見さき子(Interior Art.凸)

 

 

タイムテーブル

10:00    MOA美術館 チケット売り場前集合

10:10     鈴木健司氏によるセミナー(展覧会の鑑賞ポイントなど)

11:30     展覧会鑑賞「特別名品展+ 杉本博司「海景–ATAMI」」

13:00    カフェにて解散

 

 

問合せ・申込:

080-6915-1888  annex_0322@yahoo.co.jp(伏見)

ビューイング・ルームが三島にオープンしました。

Interior Art.凸のビューイング・ルームが三島のThe Gallery Mishima内にオープンしました。

 

建物は伊豆の山並みが望める高台に位置し、その内部は白を基調としたエレガントな空間となっています。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f%204_1

 

 

こちらでは作品の展示のほか、レクチャー等も実施してまいります。

なお、イベント時以外のご利用は予約制となっております。

どうぞよろしくお願いいたします。

紙のミュージアム「Pam」を訪問するツアーが開催されます。

161102%e4%bc%8f%e8%a6%8b%e3%81%95%e3%82%93%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%84%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7jpg

 

Interior Art.凸と、一般社団法人アートのある暮らし協会の共催によるツアーが下記のとおり開催されます。当日は凸メンバーの伏見さき子がご案内いたします。

 

「アートがアツい静岡・三島で、Art Life Styling を学びましょう!」

 

日時

2016年11月22日(火) 10:00-12:30

*以降は希望者のみ

13:00-14:00ランチ懇親会

14:15-15:15ヴァンジ彫刻庭園美術館

 

会場

特種東海製紙 Pam

静岡県駿東郡長泉町本宿437番地

 

参加費

3,240円(税込)※当日現金にてお支払いください

 

申込〆切

前日まで ※先着順となります。※定員になり次第受付終了となります。

 

定員 約30名

 

お問合せ 伏見さき子 080-6915-1888 annex@ca.thn.ne.jp

Interior Art.凸主催の企画展「アートと暮らすⅡ」が沼津で開催されます。

interior art deco_logo_web

 

Interior Art.凸主催の企画展「アートと暮らすⅡ」が沼津で開催されます。

 

 

アートと暮らすⅡ

 

「アートと暮らす」をテーマに、インテリアデコレーターとキュレーターがアートの多様な楽しみ方を提案する企画の第2弾。今回は絵画・写真・家具にくわえ、様々なジャンルのアーティストによるあかりや器なども紹介します。会期中は展示のほかワークショップなどのイベントも開催し、インテリアに合わせた展示方法についての相談等も承ります。

 

 

会期

2016年10月18日(火)~10月25日(火) 月曜休

10:00~19:00 (初日14:00から、最終日17:00まで)

 

会場

Café + Gallery Fran

静岡県沼津市高島町3-4 加藤ビル2F

(沼津駅北口より徒歩2分)

 

 

fran_map_jpn

 

 

オープニングパーティー

10月18日(火) 18時~

 

アーティストと作る・ワークショップ

10月19日(水)10時30分~12時

講師:磯野陽平  参加費 5,400円(材料費込)、定員10名(要申込)

 

キュレーターによる作品解説

10月22日(土) 14時~

 

アートライフスタイリストによるアートスタイリング 個別相談会

10月25日(火) 随時

 

 

主催・企画

Interior Art. 凸 (インテリア アート デコ)

*インテリアデコレーター/アートライフスタイリスト・伏見さき子とキュレーター・山内舞子によるユニット。静岡と東京を拠点に、作品紹介や講座、ワークショップなど様々な活動を展開。

 

協力 Cafe+Gallery Fran

 

問合せ

080-6915-1888 deco@ca.thn.ne.jp (伏見さき子/静岡)

090-7635-1370 yamau@m8.dion.nejp (山内舞子/東京)

 

 

出品作家(8名)/参考画像

[掲載作品は展示されない場合もあります]

 

生島明水(ガラス) さんかくやま 2016年

生島明水(ガラス)/  さんかくやま 2016年

 

 

 

磯野陽平(鉄)/  Iron Petal Lamp 2016年

磯野陽平(鉄)/ Iron Petal Lamp 2016年

 

 

 

岡部稔(写真)/    IMPROVISATION 2016 no.31 2016年 

岡部稔(写真)/  IMPROVISATION 2016 no.31   2016年 

 

 

 

齊藤ちさと(写真) /  気泡《絶景に劣らぬ》2015年 

齊藤ちさと(写真) /  気泡《絶景に劣らぬ》2015年 

 

 

 

鈴木健司(絵画) /  When viewed from the gap , It will look something . 隙間から見上げたら、何か見えるだろうか  2016年

鈴木健司(絵画) / 
When viewed from the gap , It will look something .
隙間から見上げたら、何か見えるだろうか 2016年

 

 

 

関本雅和(家具) /  ikpチェア 2011年デザイン

関本雅和(家具) /   ikpチェア 2011年デザイン

 

 

 

望月佑子(絵画)  /  zigzag 2016年

望月佑子(絵画) / zigzag 2016年

 

 

山崎裕子(陶) /  花器 2016年

山崎裕子(陶) /  花器 2016年

 

 

 

美術館見学&ワークショップ「現代美術家と行く 美術にふれる」を開催します。

凸ゆかりのアーティスト・鈴木健司さんとともにアートを楽しむイベントを開催します。

 

このイベントでは、ヴァンジ彫刻庭園美術館にて企画展「生きとし生けるもの」を見学ののち、鈴木健司さんのアトリエにてワークショップを体験します。お申し込みのうえ、ぜひご参加ください。

(要申込)

 

P1090657

 

「現代美術家と行く 美術にふれる」

 

【日時】

2016年8 月9日(火曜日) 10:10~13:00

 

【会場】

ヴァンジ彫刻庭園美術館

(静岡県駿東郡長泉町東野クレマチスの丘(スルガ平)347-1)

http://www.vangi-museum.jp/index.html

および 鈴木健司さんアトリエ

(静岡県駿東郡長泉町下土狩)

 

【タイムテーブル】

10:10  クレマチスの丘チケットセンター前集合

「生きとし生けるもの」見学

12:00  鈴木健司さんアトリエ

ワークショップ

13:30 終了

 

【参加費】

3,200 円(入館料、お茶・お菓子・ワークショップ材料費込み)

 

 

【申込・問合せ】

Interior Art 凸 静岡オフィス 伏見さき子

080-6915-1888 annex@ca.thn.ne.jp

美術館見学&ワークショップ「現代美術家と行く 美術にふれる」を開催しました。

DSC04725_s

 

 

5月17日(火)、凸ゆかりのアーティスト・鈴木健司さんとともにアートを楽しむイベントを開催しました。

 

前半はヴァンジ彫刻庭園美術館での作品鑑賞。

この日はあいにくの小雨でしたが、ジュリアーノ・ヴァンジ氏による野外彫刻は濡れることにより普段とは違う質感を見せ、特に石彫の作品については複雑な色あいを呈していました。

 

DSC04727_s

 

開催中の企画展「キギ」ではレースペーパーや鉱物を素材とした作品など、様々な素材を作品に取り入れた表現を堪能。

 

DSC04744_s

 

DSC04745_s

 

展覧会観覧後、外に出ると雨は止んでおり、バラが真っ盛りの庭は霧に包まれ幻想的な光景となっていました。

 

DSC04758_s

 

DSC04756_s

 

後半のワークショップは鈴木さんのアトリエを会場とし、フランスでも人気が高いというパターンを用いて「大人のぬりえ」を体験。

 

DSC04771_s

 

配色のバランスや濃淡の強弱がもたらす効果について学びながら色を塗り、最後はコーヒーとお菓子をいただきながらお互いの成果を共有しました。

 

 

望月佑子さんによるワークショップを沼津で開催します。

 

Interior Art.凸ゆかりのアーティスト・望月佑子さんによるワークショップを沼津のカフェギャラリー、フランで開催します。

 

 

2016ƒtƒ‰ƒ“ƒ[ƒNƒVƒ‡ƒv A5

 

スクラッチ画ワークショップ

「カリカリたのしく絵を描こう!」

 

画用紙にクレヨンで色を塗り、アクリル絵の具を塗り重ねてスクラッチ(ひっかく)。すてきな作品が出来上がります。

 

会場 Gafe&Gallery フラン

(静岡県沼津市高島町3-4、沼津駅北口より徒歩2分)

日時 2016年1月27日(水) 10:00-12:00

定員 8名

料金 2,500円(材料費込み・お茶とお菓子付)

講師 望月佑子氏

※汚れてもいい服装でお越しいただくか、エプロン等お持ちください。

 

 

主催 Interior Art. 凸

申込 080-6915-1888   annex@ca.thn.ne.jp (伏見)

 

※2016年、Interior Art. 凸は、アート・舞台・音楽・建築・インテリア・デザインを楽しむ「凸ともの会」の設立を予定しています。

 

 

ツアー「デザインにふれる」を表参道・外苑エリアで開催します

今回のツアー「デザインにふれる」では凸のメンバー・山内舞子が企画協力した「料治幸子展」Gallery412(表参道ヒルズ同潤館)、そして明治神宮外苑で開催されるTOKYO DESIGN WEEK2015を訪問します。クリエイティブの祭典・TOKYO DESIGN WEEKは今年で30年目を迎え、今年のテーマは「インタラクティブ」となっています。デザイン、建築、アート、ファッション、ミュージックの領域における最先端のクリエイティブを体感できます。ぜひご参加ください。

 

 

 

 

「デザインにふれる」

 

日時 2015年10月27日 13:00 – 15:45

 

集合場所(13:00) Gallery412

(東京都渋谷区神宮前4-12 表参道ヒルズ 同潤館3F)

 

スケジュール

13:00 Gallery412「料治幸子展」見学

13:45 TOKYO DESIGN WEEK会場へ

(明治神宮外苑絵画館前 東京都新宿区霞ヶ丘町2-3)

15:45   解散 自由見学

 

 

 

参加費1.800円

※別途TOKYO DESIGN WEEK入場料が必要

(前売り¥2,500/当日¥3,000)

TOKYO DESIGN WEEK  http://tokyodesignweek.jp/ 

 

定員10名 (要申込み)

 

申込・問合せ先 080-6915-1888   annex@ca.thn.ne.jp

(Interior Art 凸 伏見)

 

主催 Interior Art 凸 http://interiorartdeco.com

美術館見学&レクチャー「美術にふれる 美術史編」を開催しました。

P1310706

 

 

6月24日(水)、ミュージアムの見学とレクチャーを通してアートを楽しむイベントを開催しました。

 

 

会場は特種東海製紙株式会社の企業ミュージアム・Pam三島。ここではスタッフの方々の解説を拝聴しながら展示を見学した後、凸メンバー・山内舞子によるレクチャー「日本美術を楽しむためのキーワード20」を実施しました。

 

開催中の企画展は「原弘と日本のタイポグラフィ五十年展」。その内容は、同館所蔵の資料を中心に、昭和を代表するグラフィック・デザイナー原弘の仕事、そしてバブル期を経てこんにちに至るまでのタイポグラフィ史の展開を展観するというもの。

 

P1310751

 

また、常設展では長い歴史を持つ同社が開発してきた様々な紙、そして紙の文化史に関する歴史資料などを拝見しました。

 

P1310789

 

そしてレクチャーはこの歴史資料のコーナーよりスタート。

 

P1310793

 

その後は座学の会場へと移動し、様々な視点から楽しむポイントをご提案しました。

 

P1310797

 

特に、工芸品等に名称を付ける際の方程式や「伝」「銘」といった用語などについてはご好評をいただき、「いままでよく分からない言葉が出てくると苦手意識が働いてしまっていたけど、今度からキャプションの情報をもっと活用できそう」という感想も寄せられました。

 

こちらのミュージアムは、建物や収蔵品だけではなく、企画やサービスも大変充実しており、印刷物ひとつをとっても様々な工夫が凝らされています。訪問には予約が必要ですが、電話一本で大丈夫とのこと。

 

 

 

Interior Art. 凸ではこのようなイベントを今後も行っていく予定です。

WEBサイトでもお知らせしてゆきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。