罫線

新着情報

罫線

Interior Art. 凸ゆかりのアーティストに関する情報や
スタッフからのお知らせを発信します。

罫線

中村聡介が出演するプログラムが三島で上演されます。

Interior Art.凸の顧問である俳優・中村聡介が原作・脚本・演出を手掛け主演する一人芝居と、 国際的に活躍するチェコのカルテット「ベネヴィッツ弦楽四重奏団」によるコラボレーションが三島で上演されます。

 

2017.10.7.poster.B2大

 

 

『四季(全曲)』×『ベルとサン』

~音楽と演劇で贈る、ある詩人たちの物語~

 

日時 2017 年 10 月 7 日(土) 19:00 開演(18:30開場)~21:30 終演

 

会場 三島市民文化会館(ゆうゆうホール)小ホール

三島市一番町20-5 TEL055-976-4455

http://mishima-youyouhall.com/

 

入場料 一般¥5,000 円 高校生以下¥3,000 円 小学生未満 無料

定員 350 名

 

問合せ先

中村聡介行政書士事務所

〒410-1118 静岡県裾野市佐野 820 番地の 1

TEL 055-994-0680 sosuke21@gmail.com(中村)

http://www.office-so.com/

中村聡介氏による一人芝居『Bell et San ベルとサン 〜ある詩人たちの物語〜』が都内で初めて公演されます。

Interior Art.凸の顧問である中村聡介氏による一人芝居が、下記のとおり上演されます。東京では初の公演となります。

 

中村さん写真

 

中村聡介・一人芝居『Bell et Sanベルとサン 〜ある詩人たちの物語〜』

 

脚本・演出・出演…中村聡介

作曲・演出・美術…渡井ヒロ

 

日時

2016年2月6日(土)

17:30開演(17:15 会場) 19:00終了

 

場所

東京テラス内 <テラスアリーナ>

東京都世田谷区千歳台6丁目16

https://www.sekisuihouse.co.jp/company/newsobj690.html

 

行き方

①千歳船橋駅からタクシー(6分程度)

「東京テラスの中央エントランスまでお願いします」

 

②千歳船橋からバス

京王バス 南水無行 または 小田急バス 成城学園前駅西口行

バス停「千歳台六丁目」前

 

 

全席自由 先着60名

¥3,000 要予約(当日支払い)

 

お問合せ:中村聡介

Facebook (https://www.facebook.com/sosukenakamura?fref=ts

070-5405-8292 sosuke21@gmail.com

 

主催

株式会社H.S.PROJECT 渡井ヒロ・中村聡介

 

 

[フライヤー序文より]

 

時は18世紀、パリ。

まじめな青年、ベル。

内気で、いじめられてばかりの彼は、

ある日突然、

殺人の罪で投獄されてしまう。

事件の現場に居合わせてしまったのだ

無実の罪で投獄された彼は、

牢の中で苦しむ。

 

彼の向かい牢に住む男性、サン。

彼の楽しそうに詩を読む姿が、

徐々に、苦しむベルの心を変えていく。

 

18世紀のパリで、

絶望の淵に立たされた

青年の苦悩からこの物語は始まる-。

 

中村聡介氏による一人芝居『Bell et San ベルとサン 〜ある詩人たちの物語〜』が上演されます。

Interior Art.凸の顧問・中村聡介氏による一人芝居が下記のとおり上演されます。

 

9月イベントのチラシ

 

中村聡介・一人芝居『Bell et Sanベルとサン 〜ある詩人たちの物語〜』

 

脚本・演出・出演…中村聡介

作曲・演出・美術…渡井ヒロ

 

日時 2015年9月5日(土)

17:00 開場

17:30-19:00 上演

19:00-交流会(立食・参加自由)

 

場所 Café & Gallery Fran

静岡県沼津市高島町3-4 加藤ビル2F (沼津駅北口徒歩2分)

 

入場料 2500円(食事代・税込)

要予約

 

お問合せ:中村聡介

Facebook (https://www.facebook.com/sosukenakamura?fref=ts)

070-5405-8292 sosuke21@gmail.com

 

 

[フライヤー序文より]

 

時は18世紀、パリ。

まじめな青年、ベル。

内気で、いじめられてばかりの彼は、

ある日突然、

殺人の罪で投獄されてしまう。

事件の現場に居合わせてしまったのだ

無実の罪で投獄された彼は、

牢の中で苦しむ。

 

彼の向かい牢に住む男性、サン。

彼の楽しそうに詩を読む姿が、

徐々に、苦しむベルの心を変えていく。

 

18世紀のパリで、

絶望の淵に立たされた

青年の苦悩からこの物語は始まる-。