罫線

新着情報

罫線

Interior Art. 凸ゆかりのアーティストに関する情報や
スタッフからのお知らせを発信します。

罫線

美術館見学&ワークショップ「現代美術家と行く 美術にふれる」を開催します。

凸ゆかりのアーティスト・鈴木健司さんとともにアートを楽しむイベントを開催します。

 

このイベントでは、ヴァンジ彫刻庭園美術館にて企画展「生きとし生けるもの」を見学ののち、鈴木健司さんのアトリエにてワークショップを体験します。お申し込みのうえ、ぜひご参加ください。

(要申込)

 

P1090657

 

「現代美術家と行く 美術にふれる」

 

【日時】

2016年8 月9日(火曜日) 10:10~13:00

 

【会場】

ヴァンジ彫刻庭園美術館

(静岡県駿東郡長泉町東野クレマチスの丘(スルガ平)347-1)

http://www.vangi-museum.jp/index.html

および 鈴木健司さんアトリエ

(静岡県駿東郡長泉町下土狩)

 

【タイムテーブル】

10:10  クレマチスの丘チケットセンター前集合

「生きとし生けるもの」見学

12:00  鈴木健司さんアトリエ

ワークショップ

13:30 終了

 

【参加費】

3,200 円(入館料、お茶・お菓子・ワークショップ材料費込み)

 

 

【申込・問合せ】

Interior Art 凸 静岡オフィス 伏見さき子

080-6915-1888 annex@ca.thn.ne.jp

美術館見学&ワークショップ「現代美術家と行く 美術にふれる」を開催しました。

DSC04725_s

 

 

5月17日(火)、凸ゆかりのアーティスト・鈴木健司さんとともにアートを楽しむイベントを開催しました。

 

前半はヴァンジ彫刻庭園美術館での作品鑑賞。

この日はあいにくの小雨でしたが、ジュリアーノ・ヴァンジ氏による野外彫刻は濡れることにより普段とは違う質感を見せ、特に石彫の作品については複雑な色あいを呈していました。

 

DSC04727_s

 

開催中の企画展「キギ」ではレースペーパーや鉱物を素材とした作品など、様々な素材を作品に取り入れた表現を堪能。

 

DSC04744_s

 

DSC04745_s

 

展覧会観覧後、外に出ると雨は止んでおり、バラが真っ盛りの庭は霧に包まれ幻想的な光景となっていました。

 

DSC04758_s

 

DSC04756_s

 

後半のワークショップは鈴木さんのアトリエを会場とし、フランスでも人気が高いというパターンを用いて「大人のぬりえ」を体験。

 

DSC04771_s

 

配色のバランスや濃淡の強弱がもたらす効果について学びながら色を塗り、最後はコーヒーとお菓子をいただきながらお互いの成果を共有しました。

 

 

望月佑子さんによるワークショップを沼津で開催します。

 

Interior Art.凸ゆかりのアーティスト・望月佑子さんによるワークショップを沼津のカフェギャラリー、フランで開催します。

 

 

2016ƒtƒ‰ƒ“ƒ[ƒNƒVƒ‡ƒv A5

 

スクラッチ画ワークショップ

「カリカリたのしく絵を描こう!」

 

画用紙にクレヨンで色を塗り、アクリル絵の具を塗り重ねてスクラッチ(ひっかく)。すてきな作品が出来上がります。

 

会場 Gafe&Gallery フラン

(静岡県沼津市高島町3-4、沼津駅北口より徒歩2分)

日時 2016年1月27日(水) 10:00-12:00

定員 8名

料金 2,500円(材料費込み・お茶とお菓子付)

講師 望月佑子氏

※汚れてもいい服装でお越しいただくか、エプロン等お持ちください。

 

 

主催 Interior Art. 凸

申込 080-6915-1888   annex@ca.thn.ne.jp (伏見)

 

※2016年、Interior Art. 凸は、アート・舞台・音楽・建築・インテリア・デザインを楽しむ「凸ともの会」の設立を予定しています。

 

 

ツアー「デザインにふれる」を表参道・外苑エリアで開催します

今回のツアー「デザインにふれる」では凸のメンバー・山内舞子が企画協力した「料治幸子展」Gallery412(表参道ヒルズ同潤館)、そして明治神宮外苑で開催されるTOKYO DESIGN WEEK2015を訪問します。クリエイティブの祭典・TOKYO DESIGN WEEKは今年で30年目を迎え、今年のテーマは「インタラクティブ」となっています。デザイン、建築、アート、ファッション、ミュージックの領域における最先端のクリエイティブを体感できます。ぜひご参加ください。

 

 

 

 

「デザインにふれる」

 

日時 2015年10月27日 13:00 – 15:45

 

集合場所(13:00) Gallery412

(東京都渋谷区神宮前4-12 表参道ヒルズ 同潤館3F)

 

スケジュール

13:00 Gallery412「料治幸子展」見学

13:45 TOKYO DESIGN WEEK会場へ

(明治神宮外苑絵画館前 東京都新宿区霞ヶ丘町2-3)

15:45   解散 自由見学

 

 

 

参加費1.800円

※別途TOKYO DESIGN WEEK入場料が必要

(前売り¥2,500/当日¥3,000)

TOKYO DESIGN WEEK  http://tokyodesignweek.jp/ 

 

定員10名 (要申込み)

 

申込・問合せ先 080-6915-1888   annex@ca.thn.ne.jp

(Interior Art 凸 伏見)

 

主催 Interior Art 凸 http://interiorartdeco.com

美術館見学&レクチャー「美術にふれる 美術史編」を開催しました。

P1310706

 

 

6月24日(水)、ミュージアムの見学とレクチャーを通してアートを楽しむイベントを開催しました。

 

 

会場は特種東海製紙株式会社の企業ミュージアム・Pam三島。ここではスタッフの方々の解説を拝聴しながら展示を見学した後、凸メンバー・山内舞子によるレクチャー「日本美術を楽しむためのキーワード20」を実施しました。

 

開催中の企画展は「原弘と日本のタイポグラフィ五十年展」。その内容は、同館所蔵の資料を中心に、昭和を代表するグラフィック・デザイナー原弘の仕事、そしてバブル期を経てこんにちに至るまでのタイポグラフィ史の展開を展観するというもの。

 

P1310751

 

また、常設展では長い歴史を持つ同社が開発してきた様々な紙、そして紙の文化史に関する歴史資料などを拝見しました。

 

P1310789

 

そしてレクチャーはこの歴史資料のコーナーよりスタート。

 

P1310793

 

その後は座学の会場へと移動し、様々な視点から楽しむポイントをご提案しました。

 

P1310797

 

特に、工芸品等に名称を付ける際の方程式や「伝」「銘」といった用語などについてはご好評をいただき、「いままでよく分からない言葉が出てくると苦手意識が働いてしまっていたけど、今度からキャプションの情報をもっと活用できそう」という感想も寄せられました。

 

こちらのミュージアムは、建物や収蔵品だけではなく、企画やサービスも大変充実しており、印刷物ひとつをとっても様々な工夫が凝らされています。訪問には予約が必要ですが、電話一本で大丈夫とのこと。

 

 

 

Interior Art. 凸ではこのようなイベントを今後も行っていく予定です。

WEBサイトでもお知らせしてゆきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

美術館見学&レクチャー「美術にふれる 美術史編」を6月24日(水)に開催します。

Pam三島 展示室

Pam三島 展示室

 

 

「美術にふれる 美術史編」、2015年6月の回は、紙のミュージアムであるPam三島(静岡県駿東郡長泉町)の見学と、同施設を会場としたレクチャー「日本美術を楽しむためのキーワード20」がセットとなったプログラムとなります。

 

会場となるPam三島は特種東海製紙株式会社が運営する紙のミュージアムです(通常は予約制)。坂茂氏による設計の建物も見どころのひとつとなっております。

 

なおレクチャーは凸のメンバー・山内舞子(キュレーター)が担当し、絵巻や屏風などを楽しむためのコツなど、日本美術を楽しむための様々な豆知識をご紹介いたします。

 

 

ぜひご参加ください。

 

(要申込)

 

————————

 

「美術にふれる 美術史編」

 

日時

2015 年6月24日(水曜日) 10:00~12:15

 

会場

特種東海製紙株式会社  Pam三島(静岡県駿東郡長泉町本宿501)

※三島駅からの送迎あり(お申し込み時にお問合せ下さい)

 

タイムテーブル

10:00-10:45 美術館見学

10:45-12:15 レクチャー

 

受講料

2,500円

 

————————

 

問合せ

Interior Art 凸 静岡オフィス 伏見さき子

080-6915-1888 annex@ca.thn.ne.jp

 

 

講師略歴

山内舞子 埼玉県生まれ。関東・東海地方の公立・私立美術館に学芸員として勤務後、現在はフリーで活動。アートに関するコーディネートや企画、執筆などを行う。その他、社会人向けスクールやサークルにて美術史に関する講座を担当し、アートと仲良くなるための「鑑賞力」の鍛え方なども紹介している。

 

山内舞子

講師 山内舞子

美術館見学&ワークショップ「現代美術家と行く 美術にふれる」を開催しました。

 

 

クレマチスの丘 チケットセンター前にて集合

クレマチスの丘 チケットセンター前にて集合

 

 

 

 

 

5月26日(火)凸ゆかりのアーティスト・鈴木健司さんとともにアートを楽しむイベントを開催しました。

 

 

当日は快晴となり、爽やかな陽気に。クレマチスやバラが見ごろを迎えたヴァンジ彫刻庭園美術館にて「クリスティアーネ・レーア 宙をつつむ」を見学したのち、駿河平自然公園にてスケッチをしました。

 

講師の鈴木健先生からは作品の見方の提案、ワークショップ作品の講評などをいただき、今後、アートを楽しむ際のヒントにもなりそうでした。

 

このようなイベントは、今後も行っていく予定です。

WEBサイトでもお知らせしてゆきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

 

 

 

DSC01230_s

様々な見方を共有

 

 

DSC01294_s

階段を下りて展示室へ

 

DSC01325_s

植物の種を使った作品などを鑑賞

 

DSC01385

自然の造形に着目して描く

 

DSC01402

ふりかえりの時間にて

 

美術館見学&ワークショップ「現代美術家と行く 美術にふれる」を開催します。

凸ゆかりのアーティスト・鈴木健司さんとともにアートを楽しむイベントを開催します。

 

このイベントでは、ヴァンジ彫刻庭園美術館にて「クリスティアーネ・レーア 宙をつつむ」を見学ののち、作家アトリエにてレクチャー&ワークショップを体験します。

 

ヴァンジ彫刻庭園美術館では、クレマチスやバラの花が見ごろのシーズンを迎えています。初夏の午後、アートたっぷりの時間を過ごしてみませんか?お申し込みのうえ、ぜひご参加ください。

(要申込)

 

 

初夏のヴァンジ彫刻庭園美術館

 

庭園のクレマチス

初夏のヴァンジ彫刻庭園美術館にて

 

 

 

 

「現代美術家と行く 美術にふれる」

 

講師

鈴木健司氏(現代美術家)

 

日時

2015 年5 月26日(火曜日) 13:30~16:30

 

会場

クレマチスの丘 ヴァンジ彫刻庭園美術館

(静岡県駿東郡長泉町東野クレマチスの丘(スルガ平)347-1)

http://www.vangi-museum.jp/

および 鈴木健司さんアトリエ(静岡県駿東郡長泉町下土狩)

 

タイムテーブル

13:30  クレマチスの丘チケットセンター前集合

「クリスティアーネ・レーア 宙をつつむ」見学

15:00  鈴木健司さんアトリエ

レクチャー&ワークショップ

16:30 終了

 

会費

3,500 円(入館料・ワークショップ材料費込み)

 

 

問合せ

Interior Art 凸 静岡オフィス 伏見さき子

080-6915-1888 annex@ca.thn.ne.jp

 

 

 

 

美術館訪問(参考写真)

講師と共に作品を楽しむ

 

アトリエでのワークショップ

アトリエでのワークショップ

 

庭園のバラやクレマチス

庭園のバラやクレマチス

 

 

望月佑子さんと作るコラージュ・ワークショップ(レポート)

4月7日(火)、「アートと暮らす」展の会場にて、出品作家の望月佑子さんを講師にお招きして、コラージュのワークショップを行いました。

 

11055364_420017761505907_8119826440603920810_n

 

 

素材とした用意された色紙は、望月さんが1枚ずつ絵の具を塗って作られたという贅沢なもの。このほかにも北欧の古新聞やカーテンのサンプルといった様々な材料が用意されました。

 

11048726_420017758172574_846655139131233957_n

 

 

それぞれ個性豊かな作品が完成しました。

 

10928209_420017738172576_3200694499425897157_n

「アートと暮らす」展を開催しました

Interior Art.凸がプロデュースした展覧会「アートと暮らす」が4月1日~8日に沼津のCafe+Gallery  Franで開催されました。

 

美術館やギャラリーだけではなく、もっと身近な、例えば生活や仕事の場などでもアートに触れることを提案したい!そんな気持ちからスタートした今回の企画。絵画や写真のほか、家具を含む8名の作家による作品を紹介させていただきました。

「アートと暮らす」会場風景

「アートと暮らす」会場風景